花粉症が原因でアレルギー反応を起こしている人の画像

花粉症は、スギなどの植物の花粉が原因となって起こるアレルギー反応のことです。風邪と共通する症状も多いですが、花粉症は原因となる花粉が飛んでいる間ずっと続く場合があります。

2018年01月の記事一覧

ジルテック(セチリジン)の作用機序と市販薬について

セチリジンは花粉症をはじめ、アレルギーによる鼻炎や皮膚炎の症状を抑える効果があります。花粉やダニなどのアレルギー源に刺激されると、免疫細胞からヒスタミンという物質が放出され、これがH1受容体という細胞に結合することで、くしゃみや鼻水や痒みなどのアレルギー反応が起こります。セチリジンの作用機序は、ヒスタミンより先にH1受容体と結合し、ヒスタミンと受容体との結合を防ぐことで、アレルギー反応を阻止するというものです。このことからセチリジンはヒスタミンH1拮抗薬と呼ばれています。
セチリジンは持続時間が長く、成人が花粉症に用いる場合は、1日1回の服用で効果を発揮します。即効性も期待できますが、効果を実感できるまでには何日か服用を続ける必要があるかもしれません。その作用機序から、アレルギーを根治させる薬ではないので、症状が出ている間は飲みつづけなければなりません。

セチリジンの副作用

抗ヒスタミン薬は脳に取り込まれると眠気を催すという副作用があります。セチリジンは抗ヒスタミン薬の中では第2世代に分類され、眠気などの副作用は比較的少ないとされていますが、まったく眠くならないわけではないので、車の運転などには注意してください。

セチリジンが主成分の市販薬が存在する

セチリジンを主成分とする処方薬はジルテックの名前で販売されていますがまったく同じ成分を含む市販薬もあり、具体的にはコンタック鼻炎ZとストナリニZの2種類があげられ、この2種類はドラッグストアなどで購入することができます。1錠あたりの値段は、コンタック鼻炎ZストナリニZもほとんど同じですが、ジルテックは少し安くなっています。
病院や調剤薬局で入手できるものは処方薬のジルテックで、保険を使えば3割負担になるため医療費の節約にもなります。ただし医師の処方箋が必要になる為診察料などを含めた合計では、市販薬とあまり変わりません。ジルテックにはジェネリックもあり、こちらは値段が大幅に安くなっています。ジェネリックを利用したいときは、医師や薬剤師にはっきりと意思を伝える必要があります。
長期的に薬を飲みつづけるときは、ジルテックを選ぶのが安上がりでしょう。セチリジンの効果を試してみたいときや、病院へ行く暇がないときは、手軽に購入できる市販薬が便利です。コンタック鼻炎ZとストナリニZはセルフメディケーション対象商品になっており、年間医療費が高額になった場合には所得税控除を受けることができるため、レシートを保存しておくと良いでしょう。

続きを読む