花粉症が原因でアレルギー反応を起こしている人の画像

花粉症は、スギなどの植物の花粉が原因となって起こるアレルギー反応のことです。風邪と共通する症状も多いですが、花粉症は原因となる花粉が飛んでいる間ずっと続く場合があります。

2016年10月の記事一覧

花粉症と麻疹とプラスチックについて

花粉症はとても辛いものです。

花粉症によって、鼻水が大量に出たり、くしゃみが止まらなくなったり、涙がどんどんと出てしまう、このようなケースは非常に多く、今までは花粉症になったことがなかった人でも、ある時突然、このような症状が出てしまい、驚いて皮膚科に行ったところ、花粉症であると診断された、このようなケースがあり、特に春先にはこのような症状の人がとても多いです。

実際に、花粉症の症状は人によって様々であり、上記のように鼻水が止まらなくなるだけでなく、蕁麻疹などが体に出る、ぽつぽつとしたかゆい麻疹が出る、このような症状が出てしまう人もいます。

そのため、皮膚科や皮膚科の専門医に受診をお願いすると、このようなかゆみをとめてくれるお薬などを出してくれます。

また、あまりにもかゆみが酷い場合には、塗り薬などやステロイド系の薬も処方してくれるなど、特に皮膚科の専門医の先生の場合、とても詳しいため、適切な治療を行ってくれるものです。

また、普段はコンタクトを使っている人でも、この時期だけは、メガネなどにするなど、日常生活でメガネなどを使うと、目のかゆみ、花粉症による目のかゆみについては、メガネの方が大分楽になります。

これは、コンタクトがプラスチック系のものであり、目に付着するタイプであるため、花粉症が入りやすく、逆にメガネの場合には、コンタクトほど、目に花粉が付着しないため、目に優しいためです。

そのため、いつもはコンタクトで仕事を行っている人でも、特に窓側に仕事をする場所がある人などは、メガネなどを着用し、そこで仕事をしています。

窓際などの席などは、風などで、花粉が舞ってきやすいため、とても辛いため、メガネの方が少しは楽になるのです。

続きを読む