花粉症が原因でアレルギー反応を起こしている人の画像

花粉症は、スギなどの植物の花粉が原因となって起こるアレルギー反応のことです。風邪と共通する症状も多いですが、花粉症は原因となる花粉が飛んでいる間ずっと続く場合があります。

花粉症の治療の薬価基準とホタテのアレルギー対策

花粉症の様なアレルギー症状はその治療がなかなか難しいものです。本来人間の体は異物が入ってくるとこれを体内に取り込まない様にするためにこの物質を排除するために体が反応するように出来ていますが、アレルギー症状はこの作用が過剰に反応してしまうものです。花粉症の場合には花粉が鼻や目に入り込むことで、体が過剰に反応し鼻水や涙が出て苦しくなるという症状を引き起こしてしまうものです。基本的に花粉自体にがいがあるわけではないのですが、体が花粉を害だと判断し、このような症状を発生させるものです。
昔は花粉症はそれほど多い物ではなく、そのため治療薬も風邪薬や目薬などを使用していることが多い物でした。一部には花粉症対策専用の薬も開発されていましたが患者が少なかったこと、また風邪の症状に似ていることから風邪薬を服用することが多く、花粉症の薬は一般に認知していないことも有ったため薬価基準が設定されていませんでした。
しかし、最近では花粉症は重大な疾患として認知されるようになり、患者も増えたことから専用薬が多数開発されており、これに伴い薬価基準も制定されています。このように薬価基準と病気の頻度とは密接な関係にあります。
同様に、ホタテのアレルギーに付いてはその症状を発症した例はそれほど多くないため、甲殻類のアレルギーの一部としてとらえられており専用薬の薬価基準は制定されていません。甲殻類に付いては独特の成分が人によっては体内の反応を促進し、場合によっては死に至るという危険もあるためアレルギーを持つ人は基本的に口にしてはいけないとされているものですが、ホタテに付いてはその原因となる成分は特定されていないことも有り、現在では甲殻類アレルギーと同様の対策を行っているのが現状です。