花粉症が原因でアレルギー反応を起こしている人の画像

花粉症は、スギなどの植物の花粉が原因となって起こるアレルギー反応のことです。風邪と共通する症状も多いですが、花粉症は原因となる花粉が飛んでいる間ずっと続く場合があります。

よもぎが原因の花粉症の人の赤ちゃんは離乳食に注意

花粉症というのは、特定の花粉に対してアレルギーがある状態を指します。しかし花粉のみにとどまらず、その花粉と似たような分子構造の野菜や果物を食べたりすることで、アレルギーが起こることがあります。たとえばシラカバ花粉の花粉症がある人は、分子構造が似たリンゴやセロリなどに対してもアレルギーを起こしやすくなりますし、よもぎ花粉にアレルギーを起こす人は、メロンやニンジンに対してアレルギー症状が出るようになります。
また、これらのアレルギーを起こしやすい果物や野菜は、特定の花粉にのみ対応しているのではありません。シラカバ花粉の花粉症がアレルギーを起こすリンゴは、よもぎ花粉症の人のアレルギーをひどくすることもあります。とりわけ果物の場合は、生食するとアレルギーが出やすい傾向がありますので、火を通すようにするといいでしょう。特に赤ちゃんの離乳食の場合も、ビタミンは多少減りますが、火を通した方が柔らかくなり、酸味も消えて食べやすくなります。両親のどちらか、あるいは両方が花粉症の赤ちゃんの離乳食で果物を使う場合は、火を通すようにした方がいいでしょう。
それから毎日同じような物がなり食べていると、その食物に対してアレルギーを起こすようになります。ですから、色々な物をバランスよく食べるようにしましょう。それからアレルギーで病院に行く時は、ふだんどのような物を主に食べているか、チェックしてから行くのがお勧めです。
花粉症と連動しなくても、それ自体でアレルギーを起こす食物もあります。たとえば小麦や牛乳、チョコレートや甲殻類、卵などでもアレルギーが出ることもありますので、口の中が腫れたとか、喉がいがらっぽい、あるいは発疹があるような場合は、まず内科を受診する、できれば専門医のいる病因へ行くのがいいでしょう。